禁煙外来は社会保険適用ある?

禁煙失敗しない方法・グッズ・コツ

MENU
日本人の死因原因第1位 『肺がん』
たった4,675円(最安値)の検査キットで自宅でチェックできます↓

禁煙外来の保険適用の話

自力で、根性でタバコを止めることができれば良いのでしょうが、ニコチン中毒状態となっているため、禁煙が難しいのが現状です。

 

そんなとき、病院の禁煙外来を利用する人もいると思いますが、気になるのがかかるお金、診察から治療完了までにかかる費用と保険が適用されるかどうか?

 

大丈夫!、保険は効きますよ^^

 

≪保険適用されたときの金額≫

  • 初診料&再診料…約3千円
  • ニコチン依存症管理料…約3千円
  • チャンピックス薬代金…約1万1千円
  • 院外処方箋料…約1千円

合計…約18,000円

 

保険を使っているのにも関わらず、結構お高いですよね^^; 因みに薬代にある「チャンピックス」は内服薬。
ただ、副作用として、めまいや眠気、頭痛、吐き気、だるさ、抑うつ気分や不安症状などが出ることがありますので、
ニコチン中毒を乗り越える前に、副作用で諦めてしまう人も多いのだそう。結局、治療にかけたお金もパーです…。

 

 
成功率92.2%
電子タバコ
成功率89.3%
禁煙外来
成功率75.0%
「ニコチンパッチ」
eRollスターターキットスペシャル
『販売サイト店名』 eTabaco(イータバコ)
価格
安全性
人気度
特徴 低価格のスターターセットが魅力

Frienbrスターターキット
『販売サイト店名』 ザ・フレンバー・ショップ
価格
安全性
人気度
特徴 安心の国産フレーバー

I-1600StarterKit
『販売サイト店名』 JPvapor
価格
安全性
人気度
特徴 安めだが売り切れ多い