電子タバコ 有害

禁煙失敗しない方法・グッズ・コツ

MENU
日本人の死因原因第1位 『肺がん』
たった4,675円(最安値)の検査キットで自宅でチェックできます↓

電子タバコは有害というのはウソ?!

ここ近年、電子タバコが有害などと騒がれたことがあります。まったくのでたらめではないですが、ウソ・大げさ・紛らわしいレベルのいちゃもん。

 

実際には電子タバコ自体には害はありません。

 

 

有害だったのはリキッド

最初の言っておきますが、今は有害性のあるものは売っていません。少なくても日本製は大丈夫のでご安心ください。

 

当初、電子タバコが体に有害だと指摘を受けたのはアメリカでした。禁煙ブームにより、またかっこいいからと電子タバコが爆発的に流行しだした数年後のこと。

 

ほぼ同時に日本でも、2014年11月27日厚生労働省の専門委員会が出した結論は、電子タバコに使われるリキッドには、発がん性物質が含まれているため健康への悪影響が示唆されると評価。

 

そこからメディアに取り上げられて「電子タバコは有害!」ということが世に広がりました。

 

 

 

現在、日本で売られている電子タバコを安全

電子タバコを利用する上で欠かせないリキッドは、世界7764種類もの溶液があり、有害なのか無害なのかは、正規販売店が検査に託している部分が大きいですね。

 

でも電子タバコって中国製品が物凄く多いんですよ(;´・ω・)

 

中国企業独自の検査基準…あなたは信用して購入できますか?わたしは無理です。そんなリキッドを吸うくらいなら、見ず知らずのおっさんの屁でも吸った方がマシというものです(`・ω・´)

 

 

日本で電子タバコを購入するならイータバコがベストだと思います。

 

有害性の疑いのあるリキッドを提供しないために厳密な測定環境・方法によって発ガン性物質の濃度検査を行い始めた初めての電子タバコショップだからです。

 

人体に悪影響を与えないものだけを提供しており、また、価格もリーズナブルでお買い求めやすい電子タバコが購入出来ると人気ですね。

 

 

★イータバコ公式URL
http://e-tabaco.org/

成功率92.2%
電子タバコ
成功率89.3%
禁煙外来
成功率75.0%
「ニコチンパッチ」
eRollスターターキットスペシャル
『販売サイト店名』 eTabaco(イータバコ)
価格
安全性
人気度
特徴 低価格のスターターセットが魅力

Frienbrスターターキット
『販売サイト店名』 ザ・フレンバー・ショップ
価格
安全性
人気度
特徴 安心の国産フレーバー

I-1600StarterKit
『販売サイト店名』 JPvapor
価格
安全性
人気度
特徴 安めだが売り切れ多い