禁煙失敗しない方法は存在する

何度タバコをやめようと思っても繰り返してしまう失敗…なぜ失敗するかって?それは決まっています!「またタバコを吸いたくなってしまうから」

 

「禁煙に失敗しない方法」

 

極論からいうと「タバコ」を吸いたく無くなれば良いんです。

 

そんな方法があるならこんなに苦労しない?

 

それがあるんです。

 

 

例えば、人の手で握ったオニギリが食べられない人がいるって最近話題になってますよね?

 

元々このような人達も昔はなんの抵抗もなく手料理を食べていたはずです。

 

しかし、生きているうちにいろんな知識を得て

 

人の手には、ばい菌がたくさん存在することを知り

 

人の手で握ったオニギリが気持ち悪くなり食べられなくなったのです。

 

 

これはタバコにも言えることでつまり

 

タバコの煙が肺に入ることが気持ち悪いと思うようになれば良いんです。

 

体にタバコの煙が入ることでを人間の体がどうなってしまうのか?

 

衝撃の事実を知ってしまったとき、あなたが2度とタバコのフィルターを口に着けることはないでしょう。

 

 

 

禁煙失敗しない方法サイト

「がんへの不安」、「子供が産まれるから」、「身体の調子が悪い」、「お金の無駄」などを理由に、煙草を吸っていることに不安を感じて禁煙…すなわちタバコを止める決意をした人のための禁煙情報サイトです。

 

大学病院やNPO法人などの協力&情報の元、成功率が高い禁煙方法順にランキング形式で情報をまとめてみましたので是非、禁煙の参考にしてください。

 

また、恐らくあなたがまだ知らないタバコの悪影響の新常識も掲載、タバコ自体が気持ち悪くなって吸いたくなくなること間違いなしです。

 

 

 

タバコでこんなに見た目が劣化!

 

上の画像は親子ではありませんよ。れっきとした双子、お互いちょうど40歳となる姉妹の写真です。

 

双子と言われると確かにそう見えなくもないが、左側の女性は明らかに歯も汚く老人のように歯ぐきが下がってきているように見えます。

 

さらにシワも多く深くなっているし、頭髪も後退しているようにも見えます。アップにしてみると肌の状態も悪くクスミや質感がボロボロ…で右と比べるとかなり更けているように見えますよね。

 

じつはこれ、タバコを吸い続けた左と、生まれて全くタバコを吸わなかった右の姉妹のツーショット写真。これほどわかりやすい喫煙サンプルは存在しないでしょう。

 

左は18年間もの間、タバコを吸い続けこうなってしまいました。

 

なぜこうなってしまったかというとこれは、タバコに含まれるニコチンが原因で、ニコチンは美容成分で知られるビタミンCを破壊したりしますし、肌の潤いも低下させるためです。

 

つまり、タバコを吸うことはビタミン導入剤や保湿パックなどでスキンケアの行為とまったくの真逆で、「アンチエイジング」という言葉を借りるなら自ら「エイジング」しているのです。

 

ちまたでは最近、アンティークやレトロがブームですが自分自身に「エイジング加工」をする行為ほど愚かなことはありませんよね?

 

 

この写真を見せることでとくに女性はもう二度とタバコ吸いたくないという人がほとんど。

 

タバコを嫌悪してください、気持ち悪いと思ってください。

 

その感情は人が握ったオニギリが食べられない人のように単なる神経質ではないのです。

 

依存性があるだけの体に害しかないタバコは本当に気持ち悪い物体なのですから。

 

あなたの吸ったタバコの煙が周囲10メートルの人の健康を害するわけですから、喫煙者は嫌われて当然なのです。

 

 

禁煙を成功させることによって、将来、あなたが左の女性になるか、右の女性のようになるかは…努力しだいです。

 

 

 

女も男も汚い肌はモテないぞ!

近年の禁煙ブーム、そして嫌煙ブームで喫煙者数も少なくなってきていますが、なぜか最近では男性よりも女性喫煙者数が増加しつつあります。これがストレス社会というものなのでしょうか。

 

喫煙する女性に限って高い化粧品を購入して毎日スキンケアなどしたりするもんですが、タバコを吸っている以上ムダです。プラスマイナスでいったらマイナスです。

 

そんなに美意識高いのならまずはタバコを止めるべきなんです。

 

タバコで「エイジング」しながら化粧品で「アンチエイジング」してるなんて滑稽でしかありません。

 

 

タバコの有害成分は体の中の美容成分をことごとく破壊し肌の老化を進めます。化粧品の美容液が浸透する以上にタバコの有害物質はもっと肺から血中に入り、全身にいきわたります。

 

その結果タバコはシミ・しわ・ニキビ・肌荒れの原因になります。

 

これはあなた自身がタバコを吸わなくても、旦那さんなどそばでだれかが吸っている煙を受動喫煙することも同じことで、禁煙を促す努力をしたほうが絶対良いです。

 

また「タバコを吸う」動作は使用する筋肉から、目じり周辺のシワや法令線を濃くしやすくするため、どうしても老け顔になっていきます。

 

さらにタバコは歯を黄ばませるため口回りが汚らしく見え、他人の目からは不潔な人のように見られてしまいます。

 

タバコの黄ばみ成分はかなりしつこい為、タバコ用の歯磨き粉で歯磨きしても落ちきることはなく、白い歯に戻ることはありません。

 

 

男も女も結局は若くて清潔感溢れる人がモテる。

 

昔はタバコをふかしている男性がダンディにみえたり、女性ならミステリアスに思われてきましたがそれは昭和までの話。

 

令和となった今は男も女もタバコを吸っているというだけで敬遠されてしまう時代、ハッキリ言ってタバコにモテる要素はもう無くなりました。

 

喫煙=かっこいい

 

と思っているのはヤンキーぐらいしかいませんよ。

 

いつまでも若くありたい!異性からモテたいと思うなら、今あるタバコは切り刻んでゴミ箱に捨て、気持ち悪いタバコは2度と購入しない!

 

 

 

成功率の高い禁煙方法

 

成功率92.2%

電子タバコ

★おすすめの電子タバコ通販公式サイト

 

Frienbr(フレンバー)

 

プラスビューティー

 

C-tec

 

 

 

タバコの疑似的なもの扱いの「電子タバコ」、実は今の電子タバコは凄くて吸うことで美容に良いものもあり、以前の強いニコチンが抜ける約3か月間の使用もオススメです。

 

電子タバコとは、専用カートリッジにある液体(リキッド)を電気で気化させ、あたかも煙(蒸気)として煙草感覚で吸えるため、タバコを吸いたい衝動を抑えられ禁煙率が高いと評判。

 

タバコを止められない、失敗してしまうほとんどの理由はニコチン依存。

 

ニコチン中毒も一つの依存ですが、習慣的な依存性がほとんど。わかりやすく言うと「ルーティーン」ですね。

 

 

  1. ストレスを感じた時に吸いたくなる
  2. 食後に吸いたくなる
  3. トイレの後は吸いたくなる
  4. 疲れが溜まってきたら吸いたくなる
  5. 仕事の休憩になると吸いたくなる

 

脳に組み込まれたルーティーンで禁煙失敗することがほとんどではないでしょうか?ルーティーン化してしまったことをしないことは人間にとって気持ちが悪いことなのです。

 

だから無理にタバコをやめようとすると失敗しやすいため、電子タバコなど体に害のないものをタバコのルーティーンに置き換えて、まずは依存性の高いニコチンを体から排出されるまで使うのです。

 

 

日本で発売されている電子タバコは、ニコチンが入っていませんので徐々にニコチン中毒も収まり、本物のタバコのようなリアルな煙で満足度も高いため、禁煙・減煙・離煙の成功率が格段に跳ね上がる。電子タバコによる成功率の高さは、これまでのタバコを吸っていた生活習慣を限りなく変えないため無理がないから成功率が高いです。

 

 

さらにもっと言えば、一度本体を購入してしまえばコストパフォーマンスに優れており、本物のタバコよりも各段に安いということ!

 

例えば、日本で電子タバコTOPシェアを誇る通販サイトFrienbr(フレンバー)で販売されている電子タバコ用リキッドは本当にリーズナブルで例えば…

一番人気のグリーンティー味のリキッドの価格は1,580円。容量15mlですが、なんとこれだけで150本分のタバコに相当します!仮にセブンスターだと460円×5箱(100本)で2,300円、リキッドタイプの電子タバコなら人体に害を及ぼさず720円もお得になります。

 

 

ちなみに日本で製造されている電子タバコは、薬事法によりニコチン入りを製造することは禁止となっています。また、未成年は購入することはできません。ネットでは気軽に海外製品を購入することも出来ますが、製造元をしっかり確認しないと中国製品などが混ざっていて安全性が高いとは言えません。買うなら「日本製」をアピールしているメーカーで買うと安心です。

 

 

タバコが止められない理由の一つ「口が寂しい」

 

 

寝起き・食後・排便後・お酒の席で…いつも吸っていたタバコが無くなることによって、なんだか物足りなく感じてしまいます。ついつい1本吸ってしまったために失敗するケースが多いのが現状。

 

電子タバコの良いところは、ニコチンなどの中毒性のある有害物質を一切摂取することなく、いつもの感じで習慣的欲求を満たすことが出来るため、単なる我慢の禁煙方法よりも成功率が他よりも格段に高い。

 

意思の弱い人ほど成功率が高くオススメです。

 

 

禁煙成功後、電子タバコも止めたい人は3か月も電子タバコを利用すれば体内からは完全にニコチンは抜けていますし依存度も下がっております。ニコチン依存症が収まってから電子タバコからガムやアメに切り替えるとスムーズに電子タバコも止めやすくなります。

 

 

 

 

 

成功率89.3%

禁煙外来

 

禁煙外来のある病院で直に先生に診察&治療を受ける安心感はありますが、思ったほど成功率は高くないのが現状です。

 

その失敗原因は、通院の手間と費用。

 

 

病院ですから、予約・移動・診察や待ち時間など時間的に余裕がある人でなければ、継続は難しいもの。

 

禁煙補助薬「チャンピックス」は健康保険をもってしても約12,000円〜18,000円。それ以外にも診察料、レントゲン、初診料などがお金が嵩んできます。

 

 

しかし、医師のアドバイスを受けることで安心感を得られるのも事実ですので、時間とお金に余裕のある人は外来を利用されてはいかがでしょうか?

 

定期的に通院できる環境にある人なら成功率は高くなります。

 

 

 

 

成功率75.0%

「ニコチンパッチ」

 

「ニコチンパッチ」は身体に貼って、ごく微量のニコチンを吸収することで禁煙ストレスを軽減できるタイプの有名な禁煙グッズ。システム的にもよく考えられて作られています。

 

しかし、急にこれまでタバコを吸っていたと言う生活習慣を0にするため、衝動的に吸いたくなった場合に失敗しやすいのが難点です。人間の習性にはなかなか勝てないようですね。

 

 

それでも、禁煙グッズとしては高い部類の成功率を誇りますが、ネックになるのはそのお値段。

 

例えば、有名ニコチンパッチ製造会社の人気商品「ニコチネルパッチ10」ですと、1カ月分で約15,000円。結構な金額になります。

 

これでは金銭面を禁煙することでカバーしようとする庶民にはちょっとキツイ値段設定ですね。病院でも処方されることも多いですが、保険も効きませんし…(´;ω;`)

 

 

パッチは効果はあるが、かなり制限がある!

使用方法を守らないと副作用・事故・病気が悪化する危険性があります。

 

  • ニコチンを含有する他の禁煙グッズと併用できない
  • 妊婦又は妊娠している人
  • 重い心臓病を有する人
  • 3ヵ月以内に心筋梗塞の発作を起こした人
  • 重い狭心症と診断された人
  • 重い不整脈と診断された人 
  • 脳梗塞や脳出血と医師に診断された人
  • うつ病と診断されたことのある人
  • 本剤の成分でアレルギー症状(発疹、かゆ等)がある人

 

 

とくに不便なのは、妊婦が使用できないこと。
大切な子供をお腹に宿し、禁煙を決意!…したものの、頼りにしていた禁煙グッズが使用できないのは非常に痛い。

 

また、鬱っけがある人は、鬱が悪化する恐れがあるのもマイナス。
使用の際には、タバコによる健康被害が深刻化する前にどうぞ。

 

 

 

 

成功率60.3%

「禁煙パイプ」 

成功率が高い理由はやはり、電子タバコと同様にいつものタバコを吸う生活習慣を変えずに、吸いながら禁煙を目指せるためです。

 

禁煙パイプでオススメの離煙パイプは31本で1セット。実は1本ごとに3%とづつニコチンを減らす仕組みになっており、1か月後には93%もニコチン摂取を抑えられます。これにより、自分でも気がつかないうちに体内に蓄積したニコチンも抜けており、中毒症状が自然と無くなる仕組みとなっています。

 

その安全性と成功率の高さが評価され、元々は医療器具ではない離煙パイプを採用する禁煙外来も増えています!

 

 

 

 

成功率58.9%

ニコチンガム

テレビCMなどでおなじみの「ニコレット」を始めとする禁煙用ガム。

 

その成功率は価格の割に高いとは言い難く、ニコチンパッチと同様に使用量用が厳しいということがあげられます。

 

ニコチン成分が配合されているので当然、妊婦または妊娠していると思われる女性、うつ病、心臓病などを患っている人、あごの関節に障害がある人は使用できません。

 

ニコレットは約1カ月分7,600円。とされていてもついつい噛んじゃうから3カ月分は欲しいところ。正直、値段が高すぎる気がしますね。

 

口がさみしくなる人には良いかもしれませんが、電子タバコでことが足りるのでこれで無ければならない理由は無いと思います。

 

 

 

成功率44.6%

「禁煙サプリメント」

 

我々の調査では、禁煙サプリメントによる禁煙方法の成功率が芳しくない結果となってしまいました。まあ、サプリと言ってもピンキリですから効全部が全部そうではないでしょうが、やはりタバコを吸っていた習慣性とはかけ離れ過ぎていることが失敗の多い原因ではないでしょうか?

 

 

まあ、しかし一般的には、もっとも成功しやすそうなイメージの「禁煙外来」、お医者さんの力を借りるわけなので成功率は高いのですが、欠点もあります。

 

病院を利用した場合、通院する時間が必要になるため、仕事で忙しい人ですと1回〜2回の通院でほとんどの方が通院しなくなってしまいます。

 

しかも禁煙外来は、保険適用で自己負担分3割でも治療薬費用は12,000円から18,000円。かなりの高額なのに通院が困難で失敗しやすい禁煙方法と調査の結果、意外な事実が判明しました。

 

 

その点、禁煙サプリメントは通院の手間も、時間を割くこともなく継続しやすいので、タバコ中毒を治療しやすいと報告もあります。

 

 

 

禁煙成功率を上げる方法

 

周囲に禁煙宣言する 成功率5%UP

人に禁煙宣言するのとしないのでは、成功率はかなり変わってきます。

 

家族・友人・同僚などに「私はタバコを一切やめる!」と声高らかに宣言しましょう。

 

これはビッグマウス効果で、有言実行しなければ、周囲に言った手前、出来なければかっこ悪いと「羞恥心」を感じるため意識的にタバコを吸いにくくなります。

 

 

 

 

喫煙リスクと向き合う 成功率5%UP

 

「タバコは体に良くない」これは世界中で共通周知。

 

ですが、それを漠然とわかっていても「タバコが何の悪影響を及ぼすのか?」をもっと良く知ることが重要です。

 

例えば現在、日本人の死亡原因は「肺がん」。それによって多くの方々がその命を落としています。

 

20歳からタバコを毎日欠かさず数箱吸っている人ですと、専門医師曰く、その寿命は50代〜70代の間と言われ、多くは肺がんによって死亡、または心筋梗塞や動脈硬化なども無視できないほどの死亡率です。

 

また、タバコを吸うとシワ・シミ・ほうれい線・薄毛などを引き起こし見た目的にも老化しやすくなります。特に美容を気にする女性はタバコを吸わない方が良いでしょう。

 

 

 

 

運動を始める 成功率3%UP

運動をすることによって、ニコチンが抜けやすくなったり、ストレス解消となったりします。

 

肺機能がタバコによって低下しているので、無理してジョギングなどの有酸素運動はしなくても大丈夫。ヨガやピラティスなど心肺に負担をかけない運動でも良いのです。

 

気軽に始められるラジオ体操などから始めるのもありでしょう。

 

TOPへ